中古一戸建てを購入しよう|大幅にコストカット

積み木
  1. ホーム
  2. 家族の命を守るために

家族の命を守るために

住宅

どういう方法があるのか

地震に強い家は最近大きな地震が頻発するにつれて次第に求められて来ています。1981年の新耐震基準、あるいは2000年の施工令の改正によって建築基準法に従っていれば大きな被害も生じないとされています。安全性の面からいうと地震に強い家は平面的に縦横方向に開口部が偏って設けられず、壁の総量が多いと安全面が確保されます。梁間間隔も半間とか1間のような短いスパンほど構造的に強いとされています。ピロティといった1階部分に壁がなく柱ばかりの場合は倒壊する恐れもあるとされますので特にRC造では注意が必要とされています。制震構造や免震構造は耐震工法をとった上でその揺れを吸収する方法とされています。RC造や鉄骨造は地盤調査とか階数から構造計算が行われ、耐震強度が確保されるようになっています。木造住宅では枠組壁工法というツーバイフォー工法がマッチ箱のような6面体として一体的に地震力や風圧力に対して働くので地震に強い家とされています。在来工法であってもべた基礎工法がとられたり、独自の金物や金具が使われたりして地震に強い家として売り出すケースも見られます。又、耐震等級で1から3の3段階において等級3の認定を得ているとこれも地震に強い家とされています。地盤調査は大切であり、もし場所柄から水に関係した地名がついている場合は地盤調査を行い、軟弱な場合は地盤改良工事や杭が必要とする場合もあります。そしてそのままの状態で工事を進めた場合は不同沈下や液状化現象から家が傾くこともあるので注意が必要です。